副業にて海外FXに参加して莫大な富を築き上げませんか、というような謳い文句の詐欺被害を最近聞かなくなったのにはある理由が存在しています。
まず、海外FXによる詐欺被害が横行したのは2015年あたりになりますが、当時海外FXの詐欺が航行したのは仕組みを知らないものが多く、FXの良い場面ばかりしか紹介しなかったからです。

この問題は、紹介する側にあり、要は、インターネット上で海外FXを紹介している人物はインターネット広告による収入を得ることができるが故紹介していたに過ぎず、実際に海外FXに参加をしているかどうかについてはわからなかったのです。
その為、良い場面だけを取り繕った結果、詐欺であるという被害が多かったのです。

しかし、2017年あたりになると、海外FXはだんだんとどのようなものであるかが周知されるようになり、即座に利益を得ることができるようなプログラムではなく、むしろ時間を有するということが分かり始めると別のプログラムを紹介するようになったのです。

ここで言う別のプログラムをインターネット上で紹介するようになったのは、だんだんと海外FXよりも、仮想通貨の方が人気が出始め一度の取引で動くお金が大きくなっていったが故、仮想通貨を紹介する方がインターネット上で収入を得ることができるのではないかという動きになったのです。

その為、現在、海外FXは現在口コミにおいてはどのようにお金が流れていくかの方を重視しており、一度の取引でどの程度の金額の取引が成立するかということの方が重要であるとされています。
ですので、2021年今現在では、恐らく海外FXは大きく収入を得ることができる副業としては紹介されていません。

現在は、海外FXに登録することでどのようなお得な特典があるかを重視しているのが大半で、例えば、高額の資金を貰うことができ、その資金でFX取引をしてある一定額になると現金化することができるなどキャンペーンに触れることで利用者を新しく迎えようと宣伝することが多いです。

というのも、宣伝する側もだんだんと法的な手段で罰則のようなものをペナルティとして受けるようになってからは海外FXは何もしなくてもお金を設ける手段であるとしなくなったのです。
逆を言えば昔はペナルティを受けることが無かったので海外FXの参加者さえ増えればそれでよいというニュアンスだったため、現在では誤解を招くような表現でFXは絶対に収益を上げることができるようなプログラムであるとしなくなったわけです。